WordPress更新履歴その3

更新1:HTMLから表を作成する方法を学びました。

更新2:wordpressとは関係ないが、画面の明るさの自動調節機能の停止方法を調査した。

更新3:プラグイン「EWWW Image Optimizer」を導入。画像の容量圧縮

更新4:プラグイン「Font Awesome 4 Menus」を導入。そして、CSSを追加することでwordpressで更新日を表示する機能を導入

更新1:

wordpressを用いてHTMLで編集する方法は結構面倒くさかったです。

最近wordpressの更新があった影響でブロックによって記事を書く必要が出てきて、以前のバージョンのように編集する方法は少し面倒くさい。

ブロックを追加し、ブロックの内容を「クラシック」で選択する。

その次に、右上のボタンから「HTMLとして編集」を選択すると、HTMLとして編集が可能になる。

HTMLによるtable作成については以下を参照した。

HTMLのtableでテーブルを作る方法と応用テクニックを解説

 

更新2:

以下を参照

[コントロールパネル][ハードウェアとサウンド][お気に入りのプランのプラン設定の変更][詳細な電源設定の変更][ディスプレイ][自動硬度調整を有効にする][オフにする]

https://www.pasoble.jp/windows/10/088102.html

更新3:

EWWW Image Optimizerを導入し、有効化。画像の容量を圧縮してくれるそうです。

参考は以下より

【最新版】WordPressのおすすめプラグイン11選!本当に必要なものだけ厳選しました

 

更新4:

プラグイン「Font Awesome 4 Menus」を導入(時計マークの表示のため)

外観→カスタマイズ→追加CSSに参考htmlを追加した。

それによって、投稿日と更新日が表示されるようになった。

http://dacho-tamago.com/wordpress/2089/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です