一人暮らし用アイテム:02:文房具編

こんにちは、Kおです。

4月から就職し、地元から離れて一人暮らしをすることになったKおです。そのため、現在、一人暮らしに向けて必要なモノなどの準備に取り掛かっています。ここでは、必要なモノを調査し、考えたうえでリスト化し何をどう準備するかをメモしていこうと思っています。

また、一人暮らしを実際に行った後でそれが必要だったかなどについてもしっかりと追記し、確認をしていこうと思っています。

文房具編

正直、文房具程度なら必要になったものを現地ですべて調達可能です。しかし、印鑑など重要なものもあるので、今のうちにリスト化しておきます。実際にもっていくときは、筆箱に入れて置けば大丈夫だと思うので。

また、それ以外にも、どんなものが必要であるかなどを頭に入れておくだけでも十分対策になると思うので書いていきたいと思います。

用意して持っていく:〇

現地調達で可:△

なくても困らない?:×

以下の要素は私が整理するために勝手に作ったものなのであまり気にしなくてもいいです。

筆箱in:筆箱に入れて置いた

筆箱out:道具箱を別に用意してまとめる

No. 必要なモノ 理由 必須度 筆箱in
1 シャープペンシル 通常の文字書き in
2 シャーペンの芯 文字書き in
3 消しゴム 文字を消す in
4 油性ペン(黒) 物に字を書くときに重宝 in
5 ボールペン(黒) 何らかの書類を書くのに重宝 in
6 ハサミ(orカッター) 紙,袋,その他の裁断に便利 in
7 のり(液体orスティック) 封筒を閉じるのに必要 in
8 認め印(シャチハタでない) 銀行などの契約に使う in?
9 シャチハタ印鑑 簡単なサインに使う in?
10 朱肉(印鑑のインクのこと) 認め印と一緒に管理 in?
11 ドキュメントファイル(A4) 必要な書類をまとめて置くもの out

ここまでは、一人暮らしをするうえで必須かなと思えたものを書いていきました。

便利そうでも、用途が少ないなどの理由から持っていくのは手間になってしまう可能性のあるものは以下に示しています。しかし、この中でも必要となった場合は持っていく必要があるかとは思っていますが。

No. 必要なモノ 理由 必須度 筆箱in
12 ビニールひも ゴミをまとめるのにも使える out
13 穴あけパンチ 書類をまとめるのに out
14 修正液(テープ) 油性ペンの間違い修正に in
15 ホッチキス 書類をまとめるのに out
16 ホッチキスの芯 ホッチキスの芯 out
17 ルーズリーフorノート もしノートをとる場合 × out
18 バインダー ルーズリーフ用、2穴用がある × out
19 100均で売ってる落書帳 メモ用紙代わりになる out
20 クリアファイル(A4) 書類をまとめるのに便利 out
21 クリップ 書類をまとめるのに便利 × out
22 輪ゴム 袋を止める × out
         

その他気になったものはいかに上げておきます。

 

No. 必要なモノ 理由 必須度 筆箱in
22        

 

では、これらの書いていったものをひとつずつ説明していこうと思います。

No.1~5

[1,2,3]シャープペンシル+芯+消しゴム

文字を書くときに必須なアイテムですね。引っ越す場合でも筆箱は一つだけでももって言っておいたほうがいいと思うので、その中に最低2本は入れて置こうと思います。

また、芯の太さは0.5mmが一般的ですが、私は細いのを好むので0.3mmのものも持っていこうと思っています。

消しゴムは字を書くならまあ必要ですね。

[4,5]油性ペン(黒),ボールペン(黒)

最低でも油性ペンとボールペンの黒色だけは用意しておきましょう。

油性ペンはボールペンなどが書けないものに対して書くことができ、名前を入れるときにも役立ちます。

対して、ボールペンは就職してからあらゆるところで手続きが必要になり、その時に書類をたくさん書くことになると思います。書類を家で書くにはボールペンが必須レベルなので用意しておく価値は十分あるでしょう。

 

 

No.6~10

[6]ハサミ(orカッター)

封筒をキレイに開けたり、何か注文したときの段ボールについているガムテープなどを切り取るのに使用できます。

幅も取らないので一つあったほうがいいとは思います。

[7] 糊(のり)

のりは、封筒を送るときの封をするときに主に使います。用途としてはあまり多くはないですし、液体のりの場合は漏れたりいろいろと不便かもしれないので、スティックのりがベストかと思います。

[8]認め印(シャチハタでない)

印鑑というと、みなさんは楷書で書かれた、見たら名前が分かるようないわゆる「シャチハタ」の印鑑を浮かべるでしょうか?

実はあのシャチハタの印鑑では銀行の口座など、金銭面で大きな契約となると使えない可能性が高いです。そのため、「認め印」という普通の書体とは異なって作られている印鑑が必要になります。

学生になってから、自分の口座などを開設した人はこの印鑑については理解していると思います。

しかし、もしこれを持っていない場合は、何かしらの方法で購入したほうがいいと思います。

私は、中学校の卒業記念品としてこの認め印をもらっていたので問題ありませんでしたが、大学によっては卒業記念の印鑑を販売する可能性もあるので、社会人になるまでには用意しておいたほうがいいでしょう。

[9]シャチハタの印鑑

これは、おそらくみんなが知っている印鑑になりますかね。これは大事な契約には使えないですが、配達の確認などの簡単なサインに使えます。

仕事上で必要になるかもしれませんが、現状ではなくても困らなさそうだという評価になってしまいますね。

[10] 朱肉(印鑑のインクのこと)

No.8の認め印は一般的に印鑑だけを指します。印鑑のケースに朱肉(インク)が入っていることは多いですが、それだけだとインクがなくなってしまう可能性があります。

実際に、就職活動で印鑑をもっていっていた私の印鑑ケースのインクはなくなってしまいました。なので、ちゃんと別に用意しておくといいです。まあ、認め印を使うようなかしこまった場所なら、朱肉ぐらいなら貸してもらえるとは思いますが…

No.11~16

[11]ドキュメントファイル(A4)

これは、割と重要なアイテムだと考えています。一人暮らしをしたときには、最初のほうはいろいろと契約をすることになるでしょう。

それらの書類は重要であり、今までの学生時代の書類をなくした、では済まない可能性もあります。なので、書類を安全なところにまとめておく必要があります。しかし、書類となると、棚の中にまとめて突っ込んでしまいごちゃごちゃになる可能性が高いですね。

そんな時に、ドキュメントファイルが役立つと思います。

サイズはA4以上で、たいていの書類が入るサイズを選びましょう。また、お店によるかもしれませんが、A4のドキュメントファイルは100円均一ショップで売っていることが多いです。

しかし、100均は品ぞろえがたまに変わったりしておいていなかったりするときもありましたが…

まあ、丈夫なのを買う名目で、オンラインショップで300-500円ぐらいのものを買ってもいいかとは思います。どうせ、200-300円の差ぐらいですし。

それと、大事な書類はできるだけ安全な場所に管理しておきましょう。

このファイルに入れるなら、ファイルを少なくとも、目につきにくい場所で管理しましょう。

[12]ビニールひも

段ボールや本などのゴミをまとめたりするのに使えます。また、ひもは結構いろんなときに役に立つと思います。

私が使っていた用途としては、家のライトの電気を消す時にひもを引っ張るやつありますよね。それを延長して寝ていてもひっぱれて、電気を消せるようにしました。

[13]穴あけパンチ

書類をまとめる際に穴をあけてもよいものならば、これで穴をあけて、ファイルにまとめるといいと思います。

この場合は、ファイルは2穴用のファイルが必要になりますので気を付けましょう。

[14]修正液(テープ)

油性ペンやボールペンで文字を誤った書いてしまったときに役に立つものです。ただ、重要な書類によっては、修正液を使えない場合があるので、とりあえず必須ではないと思います。

[15,16]ホッチキス+ホッチキスの芯

ホッチキスは、提出する複数の書類を一つにまとめておけたりする便利なものです。個人的な用途ではあまり使用する機会がないと感じたため、とりあえず必須ではないですね。

No.17~20

[17]ルーズリーフorノート

正直、学生の時代では死ぬほど使ってきました。しかし、社会人となるとノートをとるような状況が実際にどれくらいあるかが分かりません。なので、これについては、現在は必須ではないとしておきます。

[18]バインダー

バインダーはルーズリーフを使っていた場合にまとめるのに使います。ちなみに、私は、ノートとルーズリーフでは、ルーズリーフを使ったほうがいいと思います。もちろん、ノート提出があるときは、ルーズリーフだと面倒ですが、それにも、しっかりとまとめられるものがあるので、ノートを忘れても、ばらばらに板書できるルーズリーフをお勧めしたいです。

ですが、しっかりとルーズリーフを管理できない人はノートのほうがいいです。

[19]落書帳

私は、何かしらメモを取りたいと思ったときは、100均で売っている落書帳にメモをしていました。落書帳といってもノート形式のではなく、上部だけが、くっついており、よくあるメモ帳みたいに一枚一枚はがせるやつですね。

記述面積が広く、扱いやすく、安いので簡単なメモにはこれが一番だと思います。

簡単な付箋型のメモだと書ける面積が狭いので、私は苦手なんですよね。

[20]クリアファイル(A4)

クリアファイルはドキュメントファイルのように書類をまとめるのに役立ちます。しかし、こちらは一つの袋にたくさん入れているので、異なる内容のものを入れると結果的に探すのが大変なので、重要性はそこまでないですかね。

ただ、大事な書類の汚れや変形を抑えるための用途であれば、非常に使いやすいので、2-3枚は持っておくといいかもしれません。

 21 クリップor(ワニ口クリップ)

No.21~

[21]クリップ

クリップというと2種類ありますね。2,3枚の紙をまとめて置けるクリップ。

10-20枚ぐらいの紙なども軽々と挟めるクリップがあります。

どちらも用紙をまとめるのには使えるし、後者のクリップならばそれ以外の用途に、開封済みの食べ物の袋をしめるのにも使えるのでいいかもしれません。

[22]輪ゴム

クリップのようにお菓子の袋を絞めて置いたりに使えると思います。

また、輪ゴムならば、スーパーで揚げ物などを買ったときなどに手に入るので、入手のしやすさから特に用意などはいらないかと思います。

 

まとめ

以上のように書いてきましたが、まだ、一人暮らしの準備中です。実際に必要なものなどは変わるかもしれませんし、気長に準備していこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です