宿泊して企業へ訪れるとき

こんにちは、Kおです。

就職活動は、人生で初めての経験になります。今まででは、大体の人は高校受験(高専受験)、大学受験を経験しています。受験というものは、学力を主に競い、自分の入る大学を決めます。

しかし、就職活動は学力だけで決まるものではありません。もちろん、いい大学を出た人は就職活動においても有利になりやすいのは間違いないです。

しかし、いい大学を出ていても内定をほとんどもらえないという人も残念ながらいます。

就職活動では、求められるスキルも違う上に、経験のないことなので困ったときに最善の選択をできないこともあります。

そのため、ここで私の就職活動の経験についてみていただき、就職活動中の方の反面教師として参考にしていただければいいと思っています。

さて、今回は遠方の企業へインターンや面接などで訪れるときに用意すべきものを書いていきたいと思います。

宿泊を伴う訪問でやるべきことを考える

企業を訪れる

まず、インターンや面接をするということは企業へ訪れるということです。その場合、もちろんスーツなどの就活の服装が必要になります。また、面接などの進行状況などをメモしたりする必要があります。

そして、交通費の精算において自身の印鑑が必要になるケースがあるでしょう。

No. 必要なモノ
1 スーツ上下
2 Yシャツ(白)
3 ネクタイ
4 ベルト
5
6  メモ帳
7  筆記用具
8  印鑑

注意するのは、前日に宿泊をしてから行く場合はスーツを直接着ないで、持っていくことになります。その時に、服を忘れないようにすることです。

特に「ネクタイ」「ベルト」「靴」です。現地で調達は厳しいので忘れないようにしっかりと確認しておきましょう。

その他にも、企業側への提出物などがあった場合は、忘れずにもっていくようにしましょう。

宿泊をする

宿泊をするということは、ホテルなどに泊まります。となると、まずはホテルの予約が必要です。そして、宿泊の費用は場合にもよりますが、お金がかかります。

また、日をまた具ことになりますので、携帯などの充電が持たない可能性があります。なので、最低でも充電ケーブルは持って行って置き、ホテルでは充電できるようにしておきましょう。

No. 必要なモノ
9 着替え
10 財布
11 充電器、充電ケーブル

お金を払うため、財布は忘れないようにしましょう。そして、充電器に関しては、携帯型のポータル充電器などがあると便利でしょう。

交通手段から考える

遠方から訪れる場合、飛行機、新幹線などを使っていくことになると思います。その場合は、できるだけ学割を適応して切符を購入するようにしましょう。

No. 必要なモノ
12 切符
13 学生証

また、学割を適応する場合は学生証の提示が必要となる場合が多いです。なので、学生証は必ず携帯しておくようにしましょう。

用意するものまとめ

No. 必要なモノ
1 スーツ上下
2 Yシャツ(白)
3 ネクタイ
4 ベルト
5
6  メモ帳
7  筆記用具
8  印鑑
9 着替え
10 財布
11 充電器、充電ケーブル
12 切符
13 学生証

また、これ以外にも、企業へ何か提出するものなどがあった場合は必ず持っていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です