面接でESに沿ってされる質問は?[自己PR]Part2/2

こんにちは、Kおです。前回に引き続き、提出したESに対してどのような質問が実際にされているのか考察していきたいと思います。

履歴書・ESの内容での質問

提出したESの内容によって面接官は質問する内容を決定します。では、自己PRについて書いてみたときには、どのような質問が想定されるのでしょうか。一例をもとに考えていってみましょう。

ESの例[自己PR]

私には、自分の立てた目標に対して努力し達成する力があります。私は大学の学費をアルバイトで支払っていますが、初めてアルバイトをやってみてお金を稼ぐことの大変さを知りました。そして、今まで親に学費を払ってもらっていたこと、お金をかけて育ててもらっていたことのありがたみを実感しました。自分でお金を稼いでまで、勉強せずに遊んでしまうのかと考え、大学ではしっかりと勉強をしていこうと決心しました。そこで、限られた時間を有効に活用するために、効率的に勉強できるように努めました。まず、帰宅後に徹夜をして勉強はしないようにして、授業に集中できるように努めました。また、土日もわからないところが内容に復習を重点的に行いました。その結果、学年でトップの成績をとることができました。このように、目標に対して、明確な動機を持つことで自分の力を発揮していけると考えています。

考察

その1

私は大学の学費をアルバイトで支払っています」という自身の境遇について説明しています。なぜ、自分で学費を稼ぐ必要ができたのか?そこまでして大学に行きたかった理由はあるのか?といった質問が予想されます。では、この想定される質問に対して深堀をしていきましょう。

[学費を稼ぐ理由]→[兄弟が多く、大学へ進学できるほどお金がない]→[そこまでして大学に行きたい理由は?]→[○○の分野についてどうしても学びたかった]→[実際に学べたか、興味が出たか]→[その分野の授業を受け、興味がわいたのでそれについて学べる研究室に入った]→[どんな研究?]→[・・・・]

また、アルバイトというパターンではこんなことも考えられます。

[どんなアルバイトをしていたの?]→[コンビニ]→[どれくらいの期間やっていたの?]→[大学入学から現在まで]→[大変だったことは?]→[お客の対応とそのほかの業務の時間的なバランス]→[勉強への影響などは?]→[・・・・]

といったように、こんな質問が予想されますね。

その2

限られた時間を有効に活用するために、効率的に勉強できるように努めました」といっています。この後に、「徹夜しない」「土日に復習」などのような工夫を書いて「学年トップ」という結果も出しています。ここではどんな質問が予想されるのでしょうか?考えてみましょう。

[徹夜などはせず、土日にまで勉強していたみたいですが、勉強する時間は取れていたのですか?]→[はい、大変でしたが、家に帰ってからの1-2時間、だ土日は4-6時間ぐらいやっていましたね。]→[そんなに勉強付けで疲れなかったのですか?]→[自分の中で勉強をせずに無駄な時間を過ごすのだけはしたくないと、自分でお金を払っているので、どうしてもそのお金の分だけ、元をとれるように勉強しようと思っていたので大変でしたが、何とかやってこれました。]→[遊んだりはしなかったのですか?]→[日曜日とかに兄弟とゲームをしたり体を動かしたたりして遊んでいます。]→[・・・・]

こんな感じですかね。

注意すること

これはESを書くときの注意することなんですが、さまざまなエピソードを組み合わせて自己PRするのですが、結果的にそのアピールする能力を発揮できている、または身に着けることのできている内容になっているかについてしっかりと確認してください。

自分のアピールしている内容と関係のないことを長々と書いていてはもったいないです。

今回は「目標に対して、明確な動機を持つことで自分の力を発揮していける力」をアピールしており、「学費を自分で稼いだ」のが、勉強しようと思った動機、「勉強に工夫をして結果をだす」のが、自分の力を発揮し結果を出す力といった内容になっています。

内容については、しっかりと読み込み伝えたいことは何なのかを考えて書いてみてください。

まとめ

このように、ESに沿った内容での質問というものはどんな質問が飛んでくるかが正直分かりません。ですが、この質問は大変なように見えて、自分が大学生活でやってきたことを話しているだけにすぎません。なので、就活前にしっかりと自己分析をして、自分について理解していれば、そうそう問題になることはありません。どうしても答えに詰まったときは、「少し考える時間を下さい」といって、考えてから答えるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です