面接のノック回数は?無駄な論争ではないですか?

こんにちは、Kおです。

就職活動をしていると、いろいろと気になるルールとかがたくさんありますよね。

よく聞く話では、面接時の部屋のノック回数ですね。これに関しては、非常に多くの議論がされていますが、最近ではどこも3回と書いてあるような気がしますが。

そんなの気にしていても意味がない

就活を始めると、いろいろな就活ルールがあるということが分かります。しかし、それらは実際にはいろいろとあいまいで、ネットではみんなが言っていることが違うし、友達や先輩などの教えてくれた情報が正確なものとは思えないということが多々あると思います。そこで、面接の回数は何回だ!などと、無駄なことを論じないでください。

正確なルールは信頼のできる情報源から

就活のルールは実際に就活している学生を見ている大学のキャリア担当や、最近では就活サイトで学生一人一人の指導をしてくれているサイトもありますよね。

そういう、その業界に精通している人から情報を入手して、それに従っておけばいいでしょう。

ネットをあまりうのみにせず、実際のキャリア担当の人などに聞いてみよう

ネットの情報は誰が書いたかもわからない。もしかしたら、私が誤った情報をみんなに伝えようとしている可能性もあるのです。つまり、この記事も意味ないといえば意味ないのですが、なので、実際に仕事としてやっている人にマナーを聞いて、実際にそれに従っておけばいいでしょう。

就活生レベルなら真面目であることが伝わればいい

就活をしていて思ったのですが、ノックの回数なんて実際は気にしていない企業がほとんどだということです。私は、面接のノック回数は全部2回で統一していましたが、面接で落ちたのは1回だけですし、ノックの回数で落ちることなんてないでしょう。

そもそも、就活生はそういうルールにそこまで敏感にならなくてもいいのではないかと思います。特に、ノック回数のように正確な回数や動作が決まっていない、または知らない人が非常に多い知識に関して、企業側が求めてくることはないと思います。

そもそも、入社してからビジネスマナーとかの研修もやるし、なにより、そんな細かいルールで学生を落としていたら、優秀な人もかなり落とすことになり、せっかく志望してくれた人を捨てているだけになってしまいますからね。

ですが、逆に一応ルールとなっていることに対しては最低限守り、真面目であることはアピールしておきましょう。

クールビズや冬場のコートなど、上着をどうするかについてなどは調べておいてもいいかと思います。

ルールなんだから従う

就活をしていれば、気になるルールがいくつか出てくるかもしれません。面倒かもしれません。しかし、そんなところでやり方を否定していては、自分の首を絞めるだけです。

ルールはルールと割り切って、従っておきましょう。

まとめ

ノック回数は自分の好きな回数でいい。

どうしても自分で決められないなら、3回でいい。

そのほかのルールも、正確な情報源から得られたルールを守っているだけでよい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です