面接で話を盛ってもいいのか?就活

こんにちは、Kおです。

今回は、就職活動での面接について、実際にやってみて感じたことを話していきたいと思います。今回の題目は「面接で話を盛っていいのか?」

アクセント程度なら大丈夫かと思います

就職活動をしてきた人ならわかると思うのですが、ESに書いたことや面接で話したことって、非常に詳しく聞かれるんですよね。単純に「アルバイトをしてきました。」といっても

「何が大変だったか?」「その問題の解決策は」「結果どうだったのか」「人間関係はどうだったのか」「どれくらいの期間やってきたのか」「なんでそれを選んだのか」「何か学べたことはあったのか」

と非常に多い質問が来ます。これらの質問を答えているうちにうそを混ぜてしまうと、どこかで、話が矛盾してしまい面接官に「先ほど言っていたことと違っているような気がするのですが、説明してもらえませんか?」などといわれてしまうのです。

ですが、面接は就職活動において最も重要な試験。できるだけいい評価を得るために、アピールしていきたいですよね。なので、ある程度問題をオーバーに表現したり、結果を少し大きく見せてしまっても問題ありません。相手にその詳細を知るすべは基本的にないので。

なので、職場で仲が悪い人が一人いただけでも、コミュニケーションが取れていなかったので改善に努めましたといったり、文化祭での入場者数の実績が900だったとして、見栄えよく1000人にしたりと、まあそれぐらいだったら評価もさほど変わらないのでそのまま伝えても十分だと思いますが。

完全な作り話はダメ!

前述のとおり、面接官のして来る質問は多岐にわたります。なので、アルバイトをしたことないのにやったとは言わないほうがいいし、実績といえる実績がないのに対して何か賞をとったとかいうのは危ないと思います。ボロが出た瞬間に選考落ちが確定してしまうので。

うしろめたさがない範囲で盛ろう

作り話をするといっても、ある程度は自分が実現したといえるような内容にしましょう。なぜなら、あまり誇大表示すると、うしろめたさから話がうまくできない場合も考えられるからで、それによって嘘をついているなと見透かされてはまずいからですね。

要はまあ、「めっちゃ評価を高く見たとしたらこれだけ達成したといえるよな」という、やつですね。広告とかでもあるじゃないですか。微妙に安くなったり、性能が高い部分を大きく表示してそれでドンぐらいの変化があるのかはわからないのに・・・。

企業だってやってるんだから自分だって、少し見栄を張って広告しちゃいましょう!(まあ、企業の場合嘘の表記はダメなので、実際に見せたいところを目を引くようにしているだけなので厳密には違うかもしれませんが、気持ちの問題です)

別に完璧に話を作りこめるならそれでもいいです

もし、完全に自分の特性を偽って、やってきたこととかについて嘘をついてだましきることができたら、それはそれでいいと思います。好きにやってください。おそらく営業職とかでは、他人に対してそのように(嘘はダメですが)アピールポイントをつくって話していけるような人材はある意味重宝されると思うので。

ただ、私は自分がやってきた実績で勝負するのが筋だと思っていますし、なにより、そんな才能ある人が学生生活で何も成し遂げていないわけないですからね。

結論

自分が後ろめたさなく自然体で話せる範囲で話しを盛るのがベストだと思います。

完全に自分を偽れる人はどうぞご自由に(責任は取れませんが)挑戦してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です