「当社の志望順位を教えていただけますか?」就活面接

こんにちは、Kおです。このシリーズでは就活の面接において自分が聞かれたこととその受け答えを書いていきたいと思います。

今日の質問「当社の志望順位を教えていただけますか?」

就活の面接対策、または実際に面接を受けてみて、この質問に対する受け答えを気にする人は非常に多いと思います。自分の就職活動でやっと最終面接についた!そこでこんな質問されたら確かに答えに悩む場合もあります。それは、自分には現在第一志望としているほかの企業があって、その企業の選考中、そんなときにほかの企業で第一志望ではないとはっきりと受け答えしてもいいものかと悩みますよね。

私の回答「はい!御社が第一志望です!」

はっきりと第一志望といってしまっていいと思います。私の友人も、第一志望の企業がほかにありますと正直に言ったら落ちてしまったという人もいましたので、それが最も安全だと思います。

企業側はなぜそんな質問をするのか?

企業側としても、選考を進めていった学生にはぜひとも入社してほしいと思っています。ですが、せっかく内定を与えても、内定辞退をされてしまっては意味がありません。そのため、この段階ではっきりと志望順位を教えてもらい、選考を進めるかどうかを判断する材料にしていると考えられます。要は、この企業に本気で入りたいと思ってくれているのかを志望順位を聞いて浮き彫りにしようと考えています。

また、内定を出した後に、第一志望と面接ではっきり言ってしまったので内定辞退を申し出にくいといった副次的な効果もあります。これは企業側が狙ってやっていなかったとしても、学生側はこれで悩むことにはなると思うのでつらいですよね・・・

この質問をしたときに「第二志望です」とはっきり言う人。「ええと・・第一志望です」と口ごもってしまう人。いろいろいると思います。確かに企業は採用活動をしていてその年には目標採用数などが設定されているので、志望順位にうそをついて相手の採用計画を狂わせてしまうのは申し訳ないという気持ちがある優しい人たちですよね。

私たち学生には内定を断る権利がある

企業側は私たちを選考で落選させる権利を持っています。それに対して、私たちは内定を断る権利がないなんておかしいじゃないですか。大丈夫です。第一志望といっても内定を断れなくなるわけじゃありません。なので、自信をもって第一志望ですといいましょう。

それでも気が引けるんだけど・・・

学生によっては、これだけ伝えても志望順位の低い企業に第一志望というのに抵抗があるという人はやはりいます。では、こう考えてみたらどうですか?

第一志望というのは採用活動している企業側への礼儀である

企業はたくさんの優秀な学生を採用したいと考えている。それには企業に対する熱意のある人に面接に来てほしいと思っています。そんな学生が、「この会社は第一志望ではない」といって来たら、じゃあ来るなよ!と思われちゃうかもしれませんよね。また、相手は時間をかけて採用活動をしてくれているのに最初から入る意思を見せないのは良くないですよね。なので、せめて選考を受けている間は企業側への礼儀だと思って自信をもって言いましょう。私はそう思うことで、志望度の低い企業にも第一志望とはっきりということができました。

超有名企業よりも志望度が高いの?

私の就活でグループ面接があったとき、ほかの人が言われていたことです。その企業は規模が小さいわけではないのですが、知名度で言えばそこまで高くない企業でした(就活をすれば、一般に知られていなくても非常に優秀な企業はたくさんあります)。そんな学生が志望順位とほかに受けている企業を聞かれて、超大手の商社もうけていると答えていました。その時に、面接官から、その大手の企業じゃなくてこっちが第一志望なの?と突っ込まれていました。確かに、学生によっては大手よりも良い魅力を感じて有名でないほうの企業を選択する人も中にはいます。そういう人はしっかりとした理由を話せれば、大丈夫です。ですが、本当に有名でない企業が第一志望の場合です。明確な理由もなかった場合、内定が非常に危うくなります。なので、こういう場合には、就活状況を聞かれたときに第一志望と答えるが、そのほかに受けている大手企業の選考状況などは伏せておくのが妥当だと思います。

第一志望といわなくても内定をくれる企業は普通にある

私は第一志望ではないが、選考を受けていくなかで正直に「第3志望です。」といったことがあります。しかし、その企業からは内定をいただきました。その企業の方に思い切って理由を聞いてみたところ。「私の会社は優秀だと思ったら内定を出す。そこで学生が入ってくれるかどうかは学生が決めること」といっていただきました。その企業には残念ながら内定を受けることはなかったのですが、内定をいただけた=私を優秀だと思い会社に欲しいと思ってくれた。その気持ちが非常にうれしく、就活を始めたばかりの自分の大きなモチベーションアップにつながりました。

このように志望順位を聞いてくるのは、その学生の就活状況を把握する程度で学生に内定承諾を押し付ける動作が一切ない企業もありました。

また、私の友人の話になるのですが、大手企業を志望しており、ほかの大手ではない企業を受けていたが、その大手の選考が終わるまで待ちます。といってくれた企業もあったそうです。このように、志望順位を聞かれたからといって、第一志望といわないと落とされると決まっているわけではなさそうです。

内定辞退するときが怖い

一度第一志望です、といってしまった企業から内定をもらった。しかし、その企業以外に第一志望だった企業から内定をもらってしまった。そういう時に、企業側へ内定辞退を申し出る必要があります。しかし、「第一志望といったのに何で入ってくれないの?」といわれるのが怖くてなかなか連絡できないですよね・・

大丈夫です。企業側は内定辞退する学生なんて毎年のように対応しているのですから、一人の学生が内定辞退したところでそこまで問題になりません。それに、もし辞退したときに何か言われたとしても、その人と人生で以降めぐり合わせることなんて1%とかそういうレベルじゃなく、ほとんど0%ですよね。つらいのは電話をする一時なので、思い切って企業側へと内定辞退をすると伝えましょう。

結論

第一志望といわなくても選考を通過できる企業もあれば、落とされる企業もある。つまり、企業による。

心配なら、「第一志望です」とはっきり伝える。それで印象が悪くなることはない。が、しっかりとその理由を話せるようにしておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です