就活準備:何をすればいい?Part5/4[自己分析]

こんにちは、Kおです。

今回は大学生活で最も大事な進路選択における、就職活動の準備段階での話をしていきたいと思います。テーマは「何すればいいのか?」これを4partに分けて説明します。

この4partは大学2,3年生の就活準備段階でできることを主に伝える予定です。現在就活中の方には薄い内容になってしまいますが、就活中の話についても記事を書いていくつもりです。

すみません、就活を準備するとなればまず忘れてはいけない「自己分析」についての説明がまだ入っていませんでした。なので、Part5/4となり、一つ記事が多くなってしまうのをお許しください。

Part5「自己分析」

今回は、就職活動を行う上で、非常に重要となる自己分析について話していきたいと思います。

・自己分析って何?

自己分析とは、自分の人生、過去の経験から自分とはどういう人間なのか、自分が人生において何を重視しているのかを自問自答することで、企業選択における自分の柱となる考えを持つことによって方針を決めること、そして面接などで自分のアピールするポイントを探していくことです。

・なんでそんなことをするの?

就職活動というものは、自分のこれからの定年までのおおよそ40-50年間仕事し続ける会社を決める大きな選択になります。この選択において安易に考えてはいけません。もしあなたが何となくで企業に就職してしまった場合、あなたの想定していなかったような業務内容であったり、実際にやってみたら面白くなかったとなる可能性があり、モチベーションが維持できないと非常につらい思いをすることになります。しかし、そうですね

いやだったら転職すればいいのでは?

と考えますよね?もちろんそれは間違ってもいません。無理なら職を変えればいいのです。しかし、新卒の就職活動と転職活動は大きく異なる要素があります。新卒は「学生生活で何をしてきたか、何を学んだか、会社に入ってしたいことは?」などと、自分の将来的な伸びしろを判断して採用してもらいます。しかし、転職活動となると「今まであなたはどんな業務に携わり、結果を出してきましたか」となり、仕事によっては「-の経験を3年以上」などと条件が付いていたりします。つまり、一度自分の就職した仕事から大きく異なる仕事に就くのは難しいと考えられます。なにせ、未経験の人を採用するのは新卒採用の枠で足りているのですから・・・(新卒就職後、すぐに退職した「第二新卒」というものもありますが、とりあえずおいておきます。気になった方は調べてみてください)

なので、今真剣になって「自分がやりたいこと」を考えて満足のいく企業に就職をするのが今後の人生に大きくかかわってくるのです。

・じゃあ、具体的に何をすればいいの?

まずは、大学の専攻と結び付けて考えるといいと思います。理系の人は特にわかりやすいですが、文系の方もまずは自分の専攻を職業として活用していきたいかを考えるといいと思います。自分の大学の専攻の勉強がいやでいやでたまらないという人も中に入ると思います。そんなとき、無理に専攻を生かせる企業を探す必要はありません。新卒の就職市場は学生の伸びしろを採用基準にすることが多いですので、専攻とかかわりのない企業でも強い意志があれば内定をもらうことも可能です。ですが、これは非常にリスクが高く、就職後もやっていけるかは個人次第なのでここでは専攻を生かせる企業を探すという前提で話していきたいと思います。ではまず、

・どうしてその大学のその学科を選んだのでしょうか?

あなたが大学を選択するとき、何となくで入った人もたくさんいると思います。私も機械工学を専攻していましたが、大学選択のときに「就職につぶしがきくから」と、どこから仕入れたか思い出せないようなあいまいな情報から進学を決めました。しかし、それでも機械でロボットなどを動かすこと自体には興味があったので入学後も勉強がつまらないと感じることはありませんでした。このように、何となくで入ったとしても何かしら「きっかけ」「動機」となる要素が必ずあるはずです。就職活動時点では企業への強い志望理由が必要となりますが、大学に入った理由は軽い理由でも入ってから興味が出てきたといえばいいので、とにかく少しでも入ろうと思った理由を思い出してみてください。自分がその専攻を学ぼうと思ったきっかけはつかめたでしょうか?

・やりたい分野を決めよう

では、そのきっかけを踏まえて大学生活の勉強について以下の質問をします。

  1. きっかけとなったことについて学べましたか?
  2. また、興味を持てましたか?
  3. そうでなかった場合、それ以外に興味のある分野はできましたか?

機械工学には、自動車のエンジンなどで活用できる熱力学や、機械の制御で必要となる制御工学など、その専攻の中にもいくつか分野があるはずです。しかし、これはその学問を専攻している人にしかわかりません。難しく考えずに、あなたが今まで受けた授業で興味をもった教科はなんでしたか?それを思い出してみてください。授業を受けるのは正直だるいですよね?ですが、そんな中でも興味を持って授業を聞くことができた教科があると思います。それはあなたに合っている仕事になるかもしれませんよ。

 

・あなたはどんな人間?

あなたはいったいどんな人間でしょうか。それを説明できますか?「まじめ」だとか「やさしい」だとか、そんなことで大丈夫です。では、その性格が形成されたのはどうしてですか?わかりづらいですかね?私の場合を例に挙げてみます。

EX)私は「まじめ」な性格です。その性格が形成されたのは、兄弟の影響が大きいと思います。私の兄弟たちは基本的にものは出したら出しっぱなし、家の鍵をかけ忘れたり、貴重品の管理も不用心でした。それによって、ゲームが盗まれたりと被害をこうむってきたのを見てきました。なので私は日ごろからものの管理やルールをしっかりと守るようになりました。

といった具合ですね。性格というものはあなた一人でできるものではありません。なにかしら周りの影響を受けることによって形成されるものです。なので、あなたに良くも悪くも影響を与えてきた人を思い浮かべるとわかりやすいと思います。例えば、自分が最も尊敬する人を目指してきたとか、逆に自分を困らせてきた人を反面教師にしてきたなどいままで意識していなかったとしても、思い出せば自分の性格形成が何によってされたのかが、はっきりと見えてくるはずです。

で、なぜ性格の形成の話をしたのかというと、あなたが求めるものはその形成された性格からわかるのではないですか?その性格から、自分の考え方が導き出せると思います。

 

・企業側に求めることを考える。

企業があなたたち学生に求めるのはその優秀な能力を企業で生かしてもらうことですよね。ではあなたたち学生が企業に求めることは何でしょうか?給料が非常にわかりやすい要素ですね。将来の自分の生活レベルを左右しますからね。そのほかにも土日の出勤があるか、残業が多いのか、田舎への転勤があるのか、海外出張があるか、などの業務に関することや、住宅補助が出るのか、会社の社割があるか、会社と提携しており、安く泊まれる施設があるか、などの福利厚生も気になりますよね。

そこで、あなたの考え方、価値感が重要になってきます。どうしてそう思えるのか、こんなことができる会社がいい!とかを「理由」を含めてこたえられるようになりましょう!

これであなたはどんな要素を重視し欲しているかです。例えば、「海外出張」ですが、あなたは行きたいと思いますか?正直に言うと私はいやです!海外に行くのは治安が悪そうだという勝手な印象と英語がまともに話せないからです。しかし、海外出張などどんどん行きたいという人もいますよね。また、その出張先が発展途上国か先進国か、なんてのも正直なところ気になりますよね。まずは、そのような業務上での要素から見ていくといいと思います。住宅補助などの福利厚生は確かにあったらうれしいですが、今はあまり考えないほうがいいと思います。福利厚生については志望動機に言及したりするととあまり印象が良くなく、また、その企業に入りたいと思う直接的な理由が福利厚生だと、仕事のモチベーションが上がりにくいからです。

なので、まずは業務の内容から見て、あなたのやりたいことってどんなことかを考えてみればいいと思います。

 

 

 

 

こんなものでしょうか?私自身が理系の人間であるため、自分を基準にして考えている以上、もしかしたら今までの記事で文系の方々には参考にしづらい内容があったかもしれません。ですが、文系の方の就職活動の深いところを理系の就活しかしていない私が詳しく解説したところで、文系の方々を混乱させてしまうだけだと考えています。皆さんが参考にできるように記事を書いていこうとは思っていますが、そこらへんを了承いただけたらと思います。

また、ここまでのシリーズは(1Part多くなっちゃいましたが・・・)就職活動を準備する段階での内容を自分なりに考えて書いてきました。そのため、自己分析や企業研究の内容についてはもしかしたら別記事でさらに詳しく書いていくかもしれません。これからの目標としては、

[就職活動準備(2,3年向け)]→[本格化準備(新4年生and3年向け)]→[履歴書・エントリーシート(ES)]→[面接試験]→[内定・内定辞退]

といったように解説記事を書いていくつもりです。しかし、これ以外にも何か思いついたことがあれば書いていきたいと思いますので、これから就職活動をされる方の参考になればと思っています。

つぎのシリーズとして[本格化準備(新4年生and3年向け)]として、記事を書いてくつもりですが、この内容は[就職活動準備(2,3年向け)]の内容とほとんどかぶってしまう可能性が高いので記事を出しても取り消すかもしれません。しかし、より詳しく書いていこうと思っていますので良ければ見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です