奨学金をもらうために勉強していた話

こんにちは、Kおです。

今回は、大学に入ってから受けていた、奨学金についてかいていきたいと思います。今回は、奨学金というものがどういうものかよりも、奨学金を受けるためにした行動、受けて得たものなどを書いていきたいと思います。そのため、奨学金をどのようにして受けたのかはまた別の機会に書いていきたいと思います

奨学金って何?

奨学金とは、学生の勉学や生活の支援のために、ある団体から金銭の貸与、または給付を受けることのできる制度です。この制度の魅力は、社会的にまだ信用の低い学生が1年で多ければ100万円近い借金をすることのできることですかね。もちろん返済をしなければならないのですが。

貸与、給付って?

奨学金のお金の支給においては主に2つのパターンがあります。

貸与型奨学金

お金を借りる奨学金になります。そのため、学生の期間を終えたら、毎月定額で支払いを続け、返済をする必要があります。また、この貸与奨学金においても、利子が付く奨学金無利子で借りることのできる奨学金が存在します。もちろん無利子であれば、返済時にお金が増えてしまうことはありません。

給付型奨学金

給付型奨学金は、返済をする必要がなく、完全にもらうことのできる奨学金です。一般的に、こちらの奨学金は審査が厳しくただ家が貧乏であれば受け取れるという制度ではなく、学生自身の意欲と成績によっては、簡単にはじかれてしまいます。また、審査では、書類、面接となる場合がほとんどで、対策が必須です。その分、ただでお金がもらえるようなので見返りは大きいですが。

給付型奨学金をもらう

私は、大学に入学してから自分で学費を支払ってきました。そのため、お金に関しては普通の人よりも執着が強いです。というのも、小さいころからほかの家よりもお小遣いが少ないと感じることが多かったり、お金を自由に使えるのが少なかった影響もありますが。

大学に入ってから、奨学金というものに目を付けました。

それは、ただでお金をもらえる制度であると。

まず勉強!

しかし、その奨学金を受けるためにはGPA(評定平均のようなものです)が高い値でなければならないというじゃないですか!そこで、私は勉強必死にして、学年で成績1位をとれるぐらいに勉強してきました。(もちろん、私が必死に勉強したのはこれだけが理由ではないのですが、その話は割愛いします)

そして、奨学金についていざ調べてみると、いろいろありますね。月10万円ももらえるなどもありましたが、実際、そのような高額の給付奨学金は成績がいいだけでなくそれ以外にも非常に優秀な方たちが応募していたようなので、私は他の月3万円の奨学金に応募しました(3万円でも十分に大金ですよね!)。

大学の奨学金担当の方にたくさんのアドバイスをいただき、何度も添削してもらって、提出書類を書き上げました。そして、書類選考の結果は・・・

通過!

いざ面接!

しっかりと準備して、スーツを着ていざ面接に行きました。交通費もしっかりと支給していただき、面接をしてみたら、すごく和やかな感じで正直言うと「あ、これはもうほとんど内定しているのかな?」と感じてしまうほどでした。ですが、しっかりと準備していったのにも関わらず話せないことが結構あって焦りました。まず、最初に自己PRをしてくださいといわれました。

やべ、準備してねえ!

しっかりと準備したとは嘘ですか(笑)。とにかく、自分でやったつもりでも不十分だったというのを痛感しました。

しかし、全体としては、目標も話せたし合格できたかな、とは感じました。結果は・・・

合格です。

奨学金の給付を受けて

生活が楽になった

まず、奨学金をもらえたことで、大学の学費に割くお金が減ったことで、自分の趣味や大学で必要なパソコンなどの必要機材を購入することができました。やはり、金銭的に援助してくれる方がいるというのは非常にありがたいことですね。

いろんな人とかかわる機会を得た

私が奨学金を得たのは、とある企業から発足した財団の奨学金でした。そのため、年に1回研修会で集まるのですが、その人たちがすごいんですよね!大学で自分が成績を1番であるとか、そんなことは何の自慢にもならなくて海外留学を平気でこなし、飛び級もしちゃうと、バケモンみたいに優秀な人たちがいて自分の大学生活がいかに無駄多く過ごしてきたか実感させられる場ですね。ですが、正直、大学生活で自分の周りにいた人は、もちろん真面目に勉学に励んでいる人もいましたが、多くは面倒だから自主休講(自分の都合で授業をさぼる)してしまうような人たちでした。そんな人と比べていては何の意味もなく、もっと上の人を目指して活動していこうと奮起できるいい機会になりました。

それらは奨学金を受けている奨学生の方たちなのですが、ほかにも企業の方ともお話しする機会があります。奨学金を作る母体となった企業ですね。そちらの企業のお偉いさんや、その他著名な人の講演を聞くなど非常に意義のある研修会になります。お金を得るだけでなく、そのような、手厚い支援もしてくれるそんな経験は今までに味わったことのないものでした。

バイトをしまくってお金を稼ぐより、ためになる

確かに、私はお金が欲しいという理由で勉強をして、奨学金に応募をしました。しかし、そこで得られる経験はただお金がもらえるだけでなく、それ以上の自己啓発となるようなものも得られました。そして、これは持論であり、奨学金の給付を受けられたからいえることなのですが、

バイトをしまくって成績が低いままなら、勉強をしまくって、給付の奨学金をもらっていたほうが有意義な時間になる。

と考えています。もちろん、多少のバイトは自分の人生経験などにも役立ちますし、いいと思います。これも私の持論ですが、学生の本分は勉強であると考えています。人によっては大学生の内にしかできないことをすることが大事だという人もいますが、そんなことは勉強などやることやったうえでやればいいと思っています。大学生は長い長期休暇があるので、その期間にいくらでも遊べますからね。

なので、私は遊ぶためにバイトをしまくって成績が低くなってしまっているのなら、いっそ死ぬ気で勉強して成績をよくして、奨学金をもらえば一石二鳥だと思います。よく就職活動で大学での成績は関係ないといわれますが、成績が良くて悪い印象を持たれるのでしょうか?成績なんていいほうがいいに決まってるじゃないですか!

どんな大学生活を送るかはあなた次第

いままで述べてきたことは、4年間大学生活を送ってきた一人の人間の経験談ととってください。なぜなら、人によって人生観は違うので勉強しかしない大学生活で後悔している人もいれば、遊びまくって勉強を全くしなかったことを後悔している人はいると思います。なので、こうしろと私は言いたいのではなく、あくまで参考にして自分はどういう学生生活を送りたいかを「具体的にイメージ」してほしいのです。

何の目的もなく送る大学生活程無駄なものはありません。

あなたに最も合った時間の使い方をして、最高の大学生活にしてください。